ホーム » スタッフブログ » 設計 成田 » お庭づくりの疑問 木製のフェンスやウッドデッキってどうなの?

お庭づくりの疑問 木製のフェンスやウッドデッキってどうなの?

こんにちは、成田です。

札幌は今週雨続きですっかり涼しくなってしまいましたね。
暑すぎるのもイヤだけど、冬になって雪が降るのもイヤだなぁ(--;)

そんな私のマイブームはバイオハザードの実況プレイ動画を見る事です。超インドア!(笑)



さて、今日は木製製品について書いていこうと思います。



木製フェンス・ウッドデッキってどうなの?
昨日まで書いていたメンテナンスフリーのお庭にもちょっと関わってきますが、
お庭に手を掛ける時間がない現代では、フェンスやウッドデッキの主流ってやっぱり人工木だと思います。

その中でも天然木の優しい印象が好きな方だったり、価格を少しでも抑えるために
木製フェンスや木製ウッドデッキを選ばれる方もいらっしゃいます。


2012 里塚 林邸 安相
木製フェンス
2015 千歳市 下山邸 安相 (1)
木製ウッドデッキ
木製商品を選ぶ中で心配なのが、やっぱりメンテナンスですよね。


木製商品のメンテナンス
当社で扱っている木製製品はACQという防腐剤入りの2×4材(または2×6材)を使用しています。
防腐剤が入っているので自然に生えている木よりは腐りづらいですが、やっぱり月日と共に痛んでくるのは避けられません。


当社でお伝えしている木製商品のメンテナンスは、一年に一回防腐剤を塗る。


たったこれだけ。
どうでしょう。意外と出来そうですか?

でもフェンスは敷地境界にあれば裏側はお隣さんの境界に入っていかなければなりません。
ウッドデッキも面積が広ければ結構な大仕事です。

しかも防腐剤って一回塗っただけでは奥まで染みこまないので、乾いた後にもう一回塗って頂きます(二度塗り)




CIMG6428-600x450
こんなに木製製品のデメリットを書いていますが、成田は特に人工木をオススメしている訳ではありません(笑)

ただ、価格を抑えるために木製製品や天然芝生を選んで数年後にボロボロになってしまって作り直す・・・というお客様も多く見ています。安く抑えたはずが最終的には多くのお金を払っている・・・なんて勿体ないですよね。

木製製品を選ぶときは毎年のメンテナンスが出来るかどうかをしっかり考えて頂けると、
後々にガッカリする事がなくなると思います。


天然芝生と人工芝生については次回の記事で書きますね!



ちなみに成田が木製製品で是非オススメしたい!と思っているのが木製階段(ステップ)です。


2013 真栄 高木邸 安相
木製階段
2013 真栄 高木邸 安相
木製ステップ
勝手口や掃き出し窓とお庭を繋ぐアイテムとしてウッドデッキを希望されるお客様が多いのですが
ウッドデッキの上でバーベキューは推奨できないし、大きくなると金額もかさんでいきます。
ゆったり贅沢な時間を過ごしたいというお客様にはウッドデッキをオススメしますが、実はテラスの方が使い勝手が良いという事も多いです。

もし住宅とお庭の出入り用が出来るだけで良いのであれば、木製階段(ステップ)はオススメです。


メンテナンスをしなくても10年以上もちます。
メンテナンスして頂くともちろん長持ちしますが、10年経つとライフスタイルも変わるので、その時にまた階段を作るかウッドデッキを作るか、はたまた違う形の何かにするのかをご検討されるのが良いのではないかと思います(*^^*)



今日の記事はここまで。



ブログで書いてほしい疑問があればsasaki@takayazouenn.comまで!

個人的なご相談はご来店予約からお願いします。


コメント

コメントを書き込む